Grateful Dead Forever.



そしてこの日も毎年巡ってきます。
Brent Mydland、個人的に Dead のなかでも P.Lesh とともに最も影響を受けた人物。
Keith & Donna Godchaux 脱退後、79年からバンドに参加し本当に多くのヘッズから愛された Keyboardist/Singerでした。

 ツアー終了後の July 26,1990 、overdoes により亡くなりました。

 かれのソウルフルかつポップな特性は、間違いなく80-90年代デッドに欠かせないものだったと思います。
70年代後半にかけて、素晴らしい演奏、緊迫したやりとりはいくつもありますが、別の視点で眺めると終わりの無い消耗戦ともいえるものでしたので、B.Mydland が持ち込んだ/吹き込んだ空気は計り知れない深化をもたらしました。

 89-90年のツアーはいい音質でいろいろと残されていますので、是非聴き込んでいただきたいです。

Grateful Dead Forever.



毎年この時期がやってきます。
ラストショウとなった 7/9/95 @ Soldier Field in Chicago, IL. での "So Many Roads"
指も十分に動いておらず、痛々しいガルシアをみるのはつらいのですが、アメリカン・ロックの巨人が最後に全力を振り絞る姿はいつみてもこちらを音楽に没入させてくれます。

 今月、最新の2枚組みベスト盤が日本盤でも出ます。
選曲もいいですので、興味のある方々の入口としておすすめです。
 一生付き合える音楽になるかもしれません。。。


Tom Petty And The Heartbreakers - Southern Accents



今夏もツアーはないようで、、、、
2013, 2014 と何公演も見れたのが夢のようです。

 むかしはそんなにも特別ではなかったこの曲 "Southern Accents" もいまは格別。
特に Gainesville, FL ホームタウン・ショウでの力み方には涙腺がやられそうになります。

  来日公演はとっくに諦めましたが、最近は無理に日本で観る必要がないようにも思えてきているのが正直なところです。

 幸い大阪には Dylan, Tom Petty, Marvin Gaye, ...と趣味がぴったりとくるバーがあり、いつでも "Echo" 2xLP.を聴きながら飲めますので、今夏はまたお世話になりそうです。

 Dylan, Grateful Dead, とくらべ、当ブログを見てくださっているハードコア好きな方で Tom Petty を聴く方は少ないと思いますが、「好きだ!」という場合はご連絡ください!

雑記 & Playlist & Patareni/Buka - D.I.Y. - R.Y. CDR.(Falšanja Kol'ko'š Records)

160610_160644.jpg

160610_160755.jpg

Fear Of God, Anal Cunt, Sekunda, Seven Minutes Of Nausea, Psycho Sin, Meat Shits, etc.... いまだにオリジナル音源はそれなりの安定した需要を維持している古典ノイズ・グラインド勢が多いにもかかわらず、日本ではあまりにも聴かれていない Patareni/Buka 関連作。
 いままでにも何作か取り上げてきましたが、ここでもう一度...

 97年にリリースされたカセット "Zg Noise Forces 88'89'90" で、未知な部分が多かった Buka 以外のサイドプロジェクトがいくらか開陳され、結果それぞれの単独音源がないのも頷けるあまり面白くないものでした。
  (ただし、その中でも Slap A Ham の "Son Of Bllleeeeaaauuurrrrgghhh!" に参加していたことで一部マニアには知られている Insidous Anal Homicide などはかなり録りためた音源があることをメンバーから確認済みですので、いつか気が向いたときにリリースされると思います)

 やはり一番の難点は、 Fear Of God らと比べると、Patareni/Buka 周辺のサウンドはあまりにもメリハリがありません。一方、旧式デスメタルとしてみると大幅にブルタリティが欠如しています。スプリットやコンピで耳にする機会があっても印象が残らないため、「名前は知っているが、、、」という状態に留め置かれているのがせいぜいなところかもしれません。(あくまでも日本での受け入れられ方の大勢です)
 致命傷とも言えるこの2点が、Patareni だけでなく大部分の東欧ノイズグラインドに顕著です。

スプリットも出していた初期 Cripple Bastards を聴くと、モロに Patareni/Buka スタイルの部分が多くありますが、本家よりも C.Bastards の方が巧く垢抜けたサウンドに仕上げていたためその後現在に至る評価の差になってしまっているのが何とも言えないところです。

 ノイズグラインド/ショートカットグラインド愛好家の方々なら、1枚くらいはレコード棚に Patareni/Buka 関連が眠っているはずですので、たまに聴き直してみてください!!



------------ PLAYLIST ----------------------



・Barashi - test pressing for 1st.7ep.(Neseblod Recs.)
https://www.facebook.com/neseblodrecords/

・Last Resort - A Way Of Life - Skinhead Anthems LP.(The Last Resort)

・鐵槌 - 日本狼 CD.(Straight Up)

・Oxblood - 6 Hard Years CD.(Punkcore)

・Cro-Mags - Best Wishes LP.(Profile)

・DYS - Brotherhood 12ep.(Xclaim!)

・VA/Rissing Force 2xCD.(Trishuel)

・FU's - My America 12ep.(Xclaim!)

・Suicidal Tendencies - Controlled By Hatred/Feel Like Shit...Deja-Vu LP.(Epic)

・Slapshot - Bloodbath In Germany LP.(Street Justice)


------------ Other Music -------------------------------

・Johnny Winter - Still Alive And Well LP.(Columbia)

・Tom Petty - Wildflowers 2xLP.(Warner/US)

・Tom Petty - Highway Companion 2xLP.(American)

・McAuley Schenker Group - MSG LP.(Electrola)

・Gregory Isaacs - Night Nurse LP.(Island)

・James Brown & The Famous Flames - I Got The Feelin' LP.(King)

・VA/Backwoods Blues (1926 - 1935) CD.(Document)

・Robert Nighthawk - Bricks In My Pillow LP.(Pearl)

・Barbecue Bob - Brown-Skin Gal LP.(Agram)

・VA/Georgia Blues (1924-1935) LP.(HK)



 

Barashi - s/t 7ep.(Neseblod Recs.) : Coming Soon!

先日お知らせしたバラシのシングルですが、テストプレスもあがり、7月末にはリリースとなるようです。
ほぼ意図したサウンドでプレスできるようなので仕上がりは期待できます!

 https://www.facebook.com/neseblodrecords/


Neseblod Records news:

Maniac, the singer of Skitliv and former Mayhem vocalist has now started to work for Neseblod Records and his first release will be a 7" with Japanese hardcore band Barashi. Maniac first heard Barashi from a friend of the band who sent him their demo. Barashi feels very much like a late 80's early 90's Japanese hardcore band and their intense energy burns through every riff. He instantly recognized something very unique with this band and felt it really deserved to be released. He then contacted Kenneth from Neseblood Records and they agreed to release Barashi's first 7" and that Maniac should work with the Neseblod label for this release and in turn also future releases from the label. Maniac will now answer all mail for Neseblod Record label.

 レーベルのBigcartelでプリオーダーもスタートしていますので、興味のある方は1度チェックしてください。

 http://neseblodrecords.bigcartel.com/products









  

"Unequal Rain" from upcoming BARASHI 7ep.



JUGEMテーマ:音楽



ようやくリリースとなる7ep.からの1曲、"Unequal Rain" 。
数種あるデモをなにかのついでに送った際に、それを気に入った Maniac(vo./MAYHEM)の尽力により Neseblod Recs.(Norway)からのリリースが実現しました。
  以前にもいくつかのレーベルから誘いがありながらもリリースには至らなかったのですが、その後音源を録るたびにむき出しで生々しいものが出来上がってきていたので結果的にはこれ以上はない良いタイミングでの音源だと思います。

 no frills, full-contact oldschool Japanese Hardcore な全4曲、素晴らしい出来です!

500枚プレスで、レーベルの Facebook からプリオーダーも始まりましたので是非どうぞ!!

  https://www.facebook.com/neseblodrecords/



a short teaser by Maniac(MAYHEM)

Neseblod Records are proud to present Barashi from Osaka, Japan for our next release. Japanese hardcore band Barashi sounds very unlike most so called hardcore bands today. They have the aggression and anger and intensity that seems somehow lost these days. The dark edge in their music shines through blistering guitar work and high velocity drumming as well as aggressive sharply delivered vocals with a driving bass. Neseblod Records are pleased to release their debut 7"(One track from the Ep will be posted soon). The spirit of flames lives on. This 7” ep with four tracks is set for a late summer release.
And if you should happen to be in Tokyo this summer make sure you catch Barashi`s gig on 24/Jul. at Earthdom(Shinjuku).

Pre-order at: http://neseblodrecords.bigcartel.com
Release date around end of July.

Barashi S/T 7” (NESE004 2016)


バラシの決まっているライブですが、大阪では7/9 "春夏秋冬" at 戦国大統領、関東では 7/24 "Drunk Happy" at Earthdom がありますので、関心のある方々は是非どうぞ!

BARASHI - s/t 7ep. from Neseblod Records.

https://www.facebook.com/neseblodrecords/

ようやく正式なインフォが出ました。
 すぐに1曲聴けるようになりますので、是非チェックしてみてください!


Neseblod Records are proud to present Barashi from Osaka, Japan for our next release. Japanese hardcore band Barashi sounds very unlike most so called hardcore bands today. They have the aggression and anger and intensity that seems somehow lost these days. The dark edge in their music shines through blistering guitar work and high velocity drumming as well as aggressive sharply delivered vocals with a driving bass. Neseblod Records are pleased to release their debut 7"(One track from the Ep will be posted soon). The spirit of flames lives on. This 7” ep with four tracks is set for a late summer release.
And if you should happen to be in Tokyo this summer make sure you catch Barashi`s gig on 24/Jul. at Earthdom(Shinjuku).

Pre-order at: http://neseblodrecords.bigcartel.com
Release date around end of July.

Barashi S/T 7” (NESE004 2016)


 次回は前回ご紹介した7/9です。

160514_100328.jpg

雑記 & PLAYLIST May/2016.

160514_100328.jpg
JUGEMテーマ:音楽


前回フライヤーを載せた 5/8 の春夏秋冬も非常に楽しめました。
昨年の夏はどうしても都合がつかず Rose Rose らとの滋賀でのライブに行けなくて悔しい思いをした Murder Style が観れて完全燃焼。
 いつ観ても、聴いても凄みを感じさせてくれる数少ない存在です。
 
 バラシのファーストシングルは、ようやくプレスに出せる準備が整ったようで夏にはリリース予定です。
発売元レーベルも二転三転しましたが、ようやく目途がたち何よりです。
 元々はアメリカのレーベルで決まっていましたが、その後 Mayhem のメンバーから打診があり、LP、10ep、でかれらの友人のレーベル(ノルウェイ)から、、、というところから話が長期化してしまいました。
 結局は 7ep.という収まりのいいところに落ち着き、一番いい形態でのファーストリリースだと思います。

 リリースはノルウェイからで、宣伝等出ればまたお知らせいたします!
収録時間の関係で「野生の証明」が外れたのはやや残念ですが、バンドがなんらかの形でリリースするのを待ちたいです。

  次回 7/8 春夏秋冬も、バラシ&泥絶涅零斗は勿論、青大将、そして Camereon と楽しめそうなラインアップですので、是非一度足を運ばれることをおすすめします!!



----------------- Playlist ------------------------------------

・FU's - My America 12ep.(Xclaim!)

・The Bruisers - Intimidation 7ep.(Patriot)

・Copout - More Dead Than Alive CT.(Team Murder USA)

・Anti-Heros - Don't Tread On Me LP.(Link)

・Murder Style - Root Connection CD.(Beat Phonic)

・Canaria - 2014 Demo. CDR.(self)

・Ratos De Porão - Brasil LP.(Estúdio Eldorado)

・Totalitär - Vänd Dig Inte Om 7ep.(Finn)

・The Mushuganas - Including Heartbreak '98 CD.(self)

・Jawbreaker - 24 Hour Revenge Therapy LP.(Tupelo)



------------------- Other Music ---------------------------

・クボタタケシ - REGGAE RAP ATTACK (From 80's to Early 90's) : Strictly Rockers CD.

・Aswad - Warrior Charge/Dub Charge 12ep.(Island)

・Ska Flames - Ska Fever LP.(Gaz's Rockin')

・Bob Weir - Move Me Brightly 2xCD.(TRI)

・James Brown - It's A Mother LP.(Polydor)

・James Brown - Hell 2xLP.(Poltdor)

・Soul Bros. - Carib Soul LP.(Coxsone)

・VA/A Scorcha From Studio One LP.(Coxsone)

・Wu-Tang Clan - Enter The Wu World (mix) CD.(Wagram)

・Tom Petty And The Heartbreakers - Southern Gentleman 2xCD.(Kiss The Stone)

雑記 & PLAYLIST Mar.,Apr./2016.

160420_135407.jpg


ようやくファーストシングルがプレスに回りそうなバラシとDEGENERATE共同によるシリーズ「春夏秋冬」が5/8にあります。
 バラシの7ep.は強力な出来ですので、Japanese Hardcore スタイルが好きな方々は期待して間違いの無い内容です!

前回お知らせした NO LESS - Discography CD, AGENTS OF SATAN - Discography CD, ともに数枚ずつ在庫がございますので、ご入用の方はご連絡ください。


-------------------- PLAYLIST Mar,Apr./2016 ---------------------------


・THE TEMPLARS - La Noche De Los Gaviotas 7ep.(Headache)

・ULTIMA THULE - Skinhead CD.(Dim)

・4 SKINS - The Good, The Bad & The 4 Skins LP.(Secret)

・OXBLOOD - Crime Stories LP.(Punkcore)

・GRUESOME - Skin Survive Skin CD.(Hunter)

・MURDER STYLE - Root Connection CD.(Beat Phonic)

・IVANO & THE TEMPLARS = TNT - Ivano + Templars = TNT 1-sided7ep.(Durango 95)

・AGNOSTIC FRONT - Liberty & Justice For... LP.(Combat)

・SLAPSHOT - Step On It LP.(Taang!)

・SUICIDAL TENDENCIES - Suicidal For Life LP.(Epic)

新入荷 NO LESS "Le$$on$ 93-98 " CD. & AGENTS OF SATAN " The Old Testament " CD.

160215_162807.jpg

160215_162918.jpg

JUGEMテーマ:音楽



ともにメンバー手持ち分のラストストック!

・NO LESS - Le$$on$ 93-98 : discography CD. ¥3,980.- 新品/シールド

・AGENTS OF SATAN - The Old Testament : discography CD. ¥3,980.- 新品/元からシールドではありません

  
どちらのタイトルともに10枚前後ずつのみの入荷です。

 
本ブログで再三取り上げてきた Redwood City "Dank core", "Doomryderz" を代表する2バンドのディスコグラフィ盤。

 AGENTS OF SATAN は、前身バンドである RADIOACTIVE LUNCH の7ep.も丸ごと収録されており、初期から "Goatcore" 全開の90年代中〜後期音源までコンプリート!

  NO LESS のほうもビニール音源すべて、プラス、コンピ音源などほぼ全リリースが網羅されています。
カセットのコンピ提供曲がいくつか洩れていますが、本人達もマスターを持っておらずまたそれら2曲も特筆すべきものではありません。

 かなりの隆盛を誇ったパワーヴァイオレンス・ムーブメントの中でも SPAZZ, CAPITALIST CASUALTIES, CHARLES BRONSON らを表とするなら、完全に裏側だった Redwood City シーンのバンド達が放っていた妙なインテンス具合はこのディスコグラフィではっきりと確認できます。
地元の悪漢 MEAT SHITS, IMMORTAL FATE らを大元とし、そこから枝分かれを繰り返しながら PLUTOCRACY ではまだ道半ばだった Doomryderz スタイルを完成させた道程がわかる 90s.Ultra Fast/Powerviolence フリークスには欠かせない2バンド!!
 
NO LESS での活動当時も、いろいろなパワーヴァイオレンス/ウルトラファスト音源を聴いている方からの支持は大きかったものの、日本で1番よく流通した "Boxed In" 7ep.(Slap A Ham) のみを聴いて完全にネタバンドだと思われてしまったのが響いたか、残念ながら大部分の方々に全貌が知られずじまいです。

 AGENTS OF SATAN のネジのはずれっぷりと天然の電波具合、NO LESS の持つ歪んだ厳つさ、ともにある種健全さが漂ってしまっていた中期以降のパワーヴァイオレンス・シーンに欠けていたものを持ち続けていました。
 NO COMMENT, CROSSED OUT が活動していた当時の暗く鬱屈した感情、そして上記 MEAT SHITS & IMMORTAL FATE の猥雑さがあってこそのパワーヴァイオレンス/グラインドだと思われる方々なら必携です。

Sheer Intensity!!!!!!!!


オーダーは下記までどうぞ。
 定形外郵便なら送料無料、ゆうパックは ¥200.-で発送いたします。

 order_vakivaltaa@yahoo.co.jp

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM